自家栽培綿 無染色 手紡ぎ手織り布 うすみどり
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

自家栽培綿 無染色 手紡ぎ手織り布 うすみどり

¥45,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

必ず最後までお読みください。ご質問・相談は注文前にお願い致します。注文後の変更・キャンセルは原則不可です。「特定商取引法に関する表記」もご確認ください。(https://wataitoya.stores.jp/tokushoho) ---------------------------- 巾約46×長さ約190cm(房含まず)約97g 手紡ぎ手織りならではの、ゆらぎのある美しさを持った、軽くて柔らかな肌触りの布にできたと思います。大判のショールとしてご使用いただけるよう両端を房にしていますが、肌触りを活かして部屋着などを作られてもよいかと思います。6枚目の画像は同じ布を使用して作った服の参考例です(ただし、手紡ぎ手織ゆえの歪みが若干あります)。 軽やかな見た目ですが、空気を含む手紡ぎの糸が体温を保ってくれます。 糸は2016~2017年に埼玉南部、茨城西部の畑で自ら栽培した緑綿を使用し、白綿とざっくり混ぜて、手で紡いでいます。経糸も緯糸もその手紡ぎ糸を使い、糸にかける負荷が少なくて済む地機という織り機で織りました。一般的な高機より時間も手間もかかりますが、手紡ぎの糸には向いていると思います。 綿の種まきから房を作るところまで、全て私が手作業で行っています。画像3~5枚目は制作工程の一部です。収穫後の詳しい工程はブログ内のタグ「地機布12」の記事をご覧下さい(https://wataitoya.exblog.jp/tags/地機布12)。 緑色の綿は貴重な上、機械による製綿も難しい為、あまり扱われていないようです。私はすべてハンドカーダーという道具で製綿して紡いでいます。この布の糸は緑と茶の綿の繊維を混ぜて製綿しました。こんなことをやっているのは私くらいかと自負しております。 繊維の混ぜ加減も、糸の撚りも、太さも、それぞれ均一ではないことが、独特の表情を見せてくれます。ムラがあることで、通気性・吸水性も高くなります。この布が様々な太さや色の糸で構成されていることを画像でご確認ください。 綿は無農薬・無施肥・不耕起草生による栽培です。使用した緑や白の綿は、艶があり、とても柔らかな繊維。やさしい肌触りです。 ただし、緑の色は、畳や竹のように経年で変化していきます。日陰で保存するほうが色の変化はゆっくりになると思います。緑の色はアルカリや酸でも変化します。アルカリで緑が濃く、酸で緑が薄くなります。洗濯の際は、ぬるま湯などで、擦らず押し洗いがお勧めです。 織り目の浮きのうち、目立たない小さなもの気づかず残ってしまっているかもしれません。気になる方は購入をお控えください。 こうした素材の布を必要としている方の元へ届きますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。 (別サイトで販売中)